お客さんにバナナ酢の作り方を教えてもらった。

f:id:ellenyannyan:20240709234508j:image

かれこれ半月前になるか。


兵庫県南部にある某ローカルスーパーで「飲む健康酢」(希釈タイプとストレートタイプ。味はりんご味ほか)の宣伝販売を実施していた時、試飲したお客さんの1人にバナナ酢の作り方を教わった。
「飲む酢。これからの季節、暑さで疲れやすくなるから重宝するよね。でも、市販のものはけっこう値段が張るから、私は年中やすく買えるバナナを使って自分で作ってんねん。おねえさん(私のこと)も試してごらん。簡単やし、美味しいよ」。


お客さんによると、酢は台所の隅にころがっている米酢でじゅうぶん。これに、黒砂糖とスライスしたバナナを加えてレンチンし、一晩ほどおいたらもう飲めるとか。


さっそく実行。
出来上がった酢を飲んでみると、酢の酸味にバナナと黒砂糖のやさしい甘味が溶け込み、イイ感じ。
毎朝、牛乳とミックスして
「ヨーグルトドリンクみたい」
と、楽しんでいる。
少しは夏バテ防止になるかな。


それにしても、飲む酢へのアレルギー(気持ちの上でのアレルギー)は、私が宣伝販売の仕事に就いた20年前の状況を振り返るに、ずいぶんと改善されたね。
かつては、飲む酢を試飲してもらうと、
「鼻や喉奥にツンとくる」
だの
「いくら身体によくても、こんな酸っぱいの、飲めないよ」
だの
「高いカネ出して、こんなマズくて匂いもキツいのを飲むなんて!」
だの、悪評をタラタラ言われ、販売以前の試飲自体からして、ぶっちゃけ大変だったのだ。


現在では、社会全体に飲む酢の概念と価値が広く浸透した上、肝心の風味も向上して、マイナス評価は大きく減った。


写真は自家製バナナ酢。
バナナの他、キウイで作っても美味しそう。