苔を育てる。

f:id:ellenyannyan:20210723154415j:image

(注)7月19日に書いた記事。

 

夫の苔玉作りにはますます拍車がかかり、ついに今朝は
「苔を我が家でも栽培しよう」
と言い始めた。
副業のためではない。純粋に庭のインテリア目的である。


苔栽培の副業とは、ネット記事によると、勤め人をしながらプライベートタイムに自宅で苔を育ててフリマアプリで売ること。
「時代は変わった」
と、つくづく感じる私は、古い人間?
だって、苔が、どこにでもあるわずかの隙間にも生える苔が「商品」になるなんて。


苔だけではない。
草でも石でも葉でも菜でも木の枝でも販売の対象になりうるし、売れれば、ちょっとした金に変わるのだ。
ただし、それを採取する場所はどこでもいいというものではないから、そこいらの配慮とマナーは必要だけれど。


とは言え、
「こんなものが商売になるなんてね」
と驚くシチュエーションは、私たちデモンストレーションの世界でも起こり続けたことで、これは今後も変わらないだろう。


今日では何ということのない「水の販売」だって、最初は驚いたものだ。
「水にカネを払うの? いや、外国ならともかく、ここは水資源も豊富で衛生環境もよい日本じゃないの」
ハイ。ごもっとも。
それが、その水が「〇〇の水」だとかのブランド名がついて、そのうちフルーツ味やヨーグルト味などのバージョンも現れ始めた。
そして、これがまた、デモンストレーションをすると実によく売れる。


一寸先は闇とも光とも知れないのが、世の常であり、面白さである。


写真は、引越したご近所にもらった盆栽プレートにおさめた苔。

苔玉作りに夢中の夫

f:id:ellenyannyan:20210723153507j:image  f:id:ellenyannyan:20210723153455j:image

 

(注)7月18日に書いた記事。

 

書きたいことは、いろいろあれど、、、。

 


余興。

 


先月27日、私が立った現場のデモ場所の向かいに園芸コーナーがあり、そこで目に止まったマリモと苔玉を買って帰ったところ、夫が

「これなら、俺でも作れる」

苔玉の方に異様な関心を示し、ネット検索をかけて作り方を学び、暇があれば作り始めた。

 


暇な方。

夫が作った苔玉をご覧あれ。

血圧にしろ体重にしろ、「標準」を設定することで利益をあげる存在がある?

f:id:ellenyannyan:20210720101822j:image

 

(注)7月14日に書いた記事。

 

ダイエット系サプリメントの宣伝販売は、何度か担当したことがある。
某有名化粧品会社が製造販売している、
「食事に含まれる糖や脂肪の吸収をゆるやかにする効能が期待出来る」
と謳う商品。
これ、けっこうなお値段にもかかわらず、よく売れるのよ。


お買い求め下さるお客様は圧倒的に女性が多く、年齢も幅広いが、先に述べたように決して買いやすい価格ではない関係からか、どちらかと言うと子どもも巣立ちマイホームなどのローンも終了しているであろう高年女性の割合が高い。
デモンストレーションした日が、例えば「全商品5%引き」の日だったりすると、まとめ買いする人もいるほど。


では、彼女たちが、
「そのサプリを飲むことで食事内の糖や脂肪の吸収をゆっくりさせ、結果、痩せる」
とされる効果を期待しなければならないくらいにふくよかなのかと言うと、見た限りでは決してそうではない。
さすがにスマートとまではいかないけれど、年齢を考えたら程度の差こそあれ皆こんなものじゃないの(下腹部が出ていたり、腰まわりに脂肪がついていたり、垂れてきたオニクが行き場を失っておへそ当たりでプヨプヨしていたり)、というレベル。


つまり、気にすべきは、「体重」ではなく「体型」なんだよね。
だったら、こういうサプリを飲んで糖や脂肪の吸収をゆるやかにしたいと望むよりも、カラダの気になる部分を筋トレした方が効果が望めるのではないかと、素人の私は考えてしまうのだが、、、。


きっと彼女たちも、毎朝、血圧計が示す「標準血圧には遠い数値」に一喜一憂している私同様に、「標準体重とされる数値」に踊らされているのだろう。


と、ここまで書いてきたところで、ある疑問が私の脳裏を駆けめぐり始めた。


血圧にしろ体重にしろ、個々の年齢や生活環境や日々の食事内容その他の個人資質を全く考慮に入れず、一律に「標準」を設定したのは誰で、目的は何なの?
もしかして、万人が合わさなければならない「標準」があるおかげで、利益を生み出せている存在があるの?


あるのだろう、多分。
敢えて言及しないけれど。


写真は、京都の平野神社
何年か前の今日。私はこの近所のローカルスーパーでグレープフルーツのデモを担当したのだ。

私のベスト体重は60キロだと言った人。

f:id:ellenyannyan:20210717214358j:image

 

(注) 7月13日に書いた記事。

 

以前、会社の定期健康診断で過体重を指摘され、ウェイトコントロールを始めたものの、食事を減らしても運動をしても効果が出ず、そのうち体重計が示す数字に一喜一憂するようになった知人のケースを記事にした。
今日は、もう少し詳しくその話を紹介する。


彼女とは仕事関連で知り合ったのだが、なるほど、初対面からし
「少しふっくらしているな」
とは感じた。


もっとも、あくまで「少し」。
言い方を変えれば、ぽっちゃりで、そういうタイプが好みの人にとっては
「可愛いな」
「フンワリした雰囲気だな」
ととらえられることだろう。


そんな彼女が、健康診断で
「160センチの身長に63キロは太り過ぎですね。せめて55キロ、出来れば身長−110の50キロが望ましいですね」
と言われ、過体重によるリスクもコンコンと聞かされたのだ、、、すなわち、糖尿病などの生活習慣病を発しやすいとかガンにもなりやすいとか。


真面目で努力家の彼女は一念発起。まずはご飯や麺などの炭水化物をこれまでの半分の量とし、代わりに野菜や海藻を積極的に採るようにした。
「もちろん、大好きなスイーツは厳禁。なるべく歩くように生活スタイルを変え、スポーツジムにも入会」。
ジリジリと体重は減り始め、8ヶ月後は60キロに。
ところが、そこで止まってしまったのだ。


「もう、何をどうやっても、60の数字から体重は動かない。若い時からほっそりしていた母など1日にお菓子や果物をパクパク食べ、運動もしないのに全く太らない。娘の私はケーキもシュークリームもみかんもブドウも必死で我慢し、ジムで一生懸命に走ったり自転車を漕いだりしているのに、痩せない」。


かくして、迎えた定期健康診断。またも同じことを言われた。
「160センチで60キロは太り過ぎ。太っていると、高血圧やら通風やら、、、」。


そんなことはわかっている。
わかっているから、痩せるよう努力している。
努力しているけれど、痩せないのだ。
60キロから、断じて体重計の針は動かない。それどころか、0,1から0,5の範囲で、時折り増えていたりする。
彼女は次第に自分の体重が呪わしくなってきた。


そこへ、アメリカ研修の話が。総合職のキャリア組にいた彼女は、
「仕事のステップ・アップになるかも」
と、いち早く応募し、海を渡った。
結果的に、このアメリカ研修が、仕事面ばかりでなく、ウェイトコントロールも含めた彼女の意識をも変えたのだ。


アメリカに着いて、空港にいた時から感じたのは、まず、160センチ60キロの私よりずっと立派な体格の女性がゾロゾロいること。でも、それを気にしているふうでもない。二の腕の肉がブヨブヨ垂れていても、お腹が3段に重なっていても、ゾウみたいな足でも、別に隠そうともせず、カラフルなタンクトップや身体の線がクッキリと出るTシャツを着ていたり、おしゃれなサンダルをはいていたり。で、家族や友だちと楽しそうにお喋りして、笑い合ったりしながら、大きなアイスクリームを舐めていたりする」。


要は、人生を謳歌しているさまを、まざまざと見せられたのだ。
「私は私が着たい服を着て、食べたいものを食べるわ。体型がどうあれね。そもそも体型なんて、その人の勝手でしょ」
こう言いたげ。
このことは、空港を出た後、ホテルや研修中やレストランや売店などでも度々感じられたそうな。


意識の変化は、仕事はもちろん、生活の上でも大いに反映され、彼女を囚われから解放し、ハッピーへと導いていく。
「よく考えたら、私、健康診断で引っかかったのは、体重だけ。他に問題点はない。それを、太っていたら将来これこれしかじかの病気になりやすいの何のと世間では騒ぎ立てる。だいたい、標準体重なんて誰が決めたの? もしかすると、体重が60キロより下がらなかったのは、お前にはこの体重がベストなんだよと、身体が教えていてくれたのかも知れない」。


確かにね。
プラス、食べることが好きで食文化にも関心があった彼女は、だからこそ、現在の職場に就いたのだ。その興味と適性と向上心を、「標準体重」と「肥満のリスク」なるもので一元的に切ってはいけない。


彼女のケース。血圧計が示し出す数字に振り回されている私にも参考になりそうだ。
本当に、標準血圧なんて、いつ、誰が制定したのか?


写真は、我が家の朝顔
2階までツルが伸びてきて、見事な花を咲かせた。

「文字を打つ」より「文字を書く」方が脳は活性化する。

f:id:ellenyannyan:20210715092330j:image

 

(注)7月12日に書いた記事。

 

昨日のデモの報告書を仕上げ、郵送したところ。


久方ぶりに、指定用紙に肉筆で書く、すなわちアナログ報告書の作成は、ペーパーレスに慣れた身には負担と思いきや、なかなか目新しい発見もあって、それなりに楽しいものだった。


目新しい発見と言うのは、「文字を打つ」報告書であるWeb報告書より「文字を書く」紙報告書の方が、必要事項を記入する過程で、より記憶なりイメージなりが鮮明に浮かび上がってくるということ。


具体的には、売上数字を記していても、デモ中に起こったいろいろなハプニングが蘇ってきた、、、店舗の構造上、特売品が並ぶラインからやや外れた場所でデモせざるをえなかったため普段以上に声出しをしないと注目されなかったこととか、決して安価とは言えない価格をめぐってのお客様とのやりとりとか、担当商品への専門性を要求される質問への応答とか。
どうやら、書く=手を動かすことは、関心事を目の前の対象以外にも広げるきっかけとなってくれるようだ。
脳の働きが活発になるのだろう。


これが、「文字を打つ」となると、そうじゃないんだよ。
売上〇〇円はあくまで売上〇〇円だ。


となると、スピードを要求される事務的な書類は「文字を打つ」形式でかまわないけれど、アイディアが要求されたり雑多な事柄をまとめる書類なら、少なくともカタチとしてある程度まできちんとしたものになるまでは「文字を書く」形式の方がいいということになるね。
手書きのアイディアノートやプランニングノートの必要性がここにある。


写真は、昨日の仕事の帰りに撮った風景。
大阪市北部と言えば、我がまち京都からは決して遠くないはずなのにけっこう時間がかかったのは、最寄駅から1時間に2本しか走らないバスに乗らないと行けない場所にある店舗だったから。

仕事日の今日。降圧剤を飲み忘れたのに血圧は正常だよん。

f:id:ellenyannyan:20210715091344j:image

 

(注)7月11日に書いた記事。

 

今日は、大阪北部の某店で推奨販売。


朝はやくに出発したので(現場最寄のバスの便が極端に悪いところなので、京都の隣県でもそうしないといけなかったわけ)、つい薬を飲み忘れ、そのまま仕事に。


帰宅し、酒と共に作り置きしておいた夕食を冷凍して食べ、風呂に入り、くつろいだところで、就眠前の血圧測定を。


あらあら。
全く正常値。
酒を飲んでいるのに。


これって、何なんやろ?


偶然かも知れないが、、、私の場合は、働いている方が、皮肉にも血圧も含め、健康にはいいみたい?


と言うか、元より、私の血圧やアトピーは、実はそんなに大したことはないのかもね?


だって、本当にキツかったら、仕事やそれに付随する高揚でごまかせないはずだから。


さあ、休みます。
皆様、お休みなさい。

労働こそ我が健康法。

f:id:ellenyannyan:20210715090924j:image

 

(注)7月11日に書いた記事。

 

今日の現場に向かっているところ。

 


気分上々。

初めて訪れる現場だが、はて、どんな店舗で、どんな層のお客様がお見えになるのか。

 


ワクワク。

アトピーが何だ。

血圧が何だ。

 


はたと気づいた。

労働こそが最高の健康法かも知れない、わたしの場合は。

しかも、働いたぶん、カネになるのだ!

 


家にいて、雨音を聞きながら、梅雨特有の不快指数高めの湿度に耐えていると、イライラ、ウツウツしてくる。

 


幸い、今月後半はたくさん仕事をいただいている。