スターリンの母についてもう少し〜独裁者も人の子

(注)5月10日に書いた記事。 昨日に作ったきゅうりの浅漬けが辛くなり過ぎたので、細かく刻んで、今日の昼食のチャーハンに混ぜ込んでみた。味付けは卵とほんの少しのシャンタン(創味社の中華だし。漬物から塩分が出るので、少量でよい)とゴマ。いや、我なが…

一ヶ月に一キロずつ痩せる

(注)5月9日に書いた記事。 緊急事態宣言の延長で、今月十四日からの四日連続の推奨販売もキャンセルになるかと心配していたが、とりあえず十四日の仕事はその限りではないようだ。ホッ。現場は少し遠いが、そんなことは、このさい問題ではない。 コロナ禍で…

スターリンの母

(注)5月8日に書いた記事。 今日は母の日。 だからと言うわけではないが、今更ながら思い出してしまった、、、ロシア革命においてレーニン亡きあと権力を握り、自らの思想に反する、あるいはその疑いがある者を「大粛清」の名のもとに葬り去ったヨシフ・スタ…

デモンストレーターと存在感。

(注)5月7日に書いた記事。 昨夜に観た西部劇の「大砂塵」は、ペギー・リーが歌った主題歌「ジャニーギター」でも知られる。映画そのもののストーリーや感想は、また次の機会にアップするとして、今回は主役ジョーン・クロフォードが示した圧倒的な存在感、お…

ひとまず映画。西部劇。

(注)五月六日に書いた記事。 緊張事態宣言は延長必須みたいね。 そうなったら、我が五月後半に入っている推奨販売の仕事もすべてキャンセルかしら。 否! 「かしら」ではない。 キャンセル確実だ。 イコールで収入減。 まあ、我が家も、緊急事態宣言が出てい…

今日は娘の誕生日。

今日は娘の誕生日。 三十六年前の1985年の今日、午後九時四十四分、元気な産声をあげながら我が体内から出てきた娘。 あの瞬間は、未だ覚えている。 「先生、赤ちゃんって、泣くんですね」 と、取り上げてくれた医師や看護師スタッフにトンマな問いかけをし…

ステイホームのはずのGWだが、、、

娘一家の短い帰省が終わった。 「じいじ、ばあば、楽しかったよ。また来るよ。一緒に遊ぼうね」 との、三人の孫の声と共に。 さて! たったの二日間であっても、じいじばあばは、そのイベントが楽しみではあるんだけれど、準備段階からいろいろと気を使い、…

緊急事態宣言延長

感染者数が一向に減らない昨今。緊急事態宣言の延長は避けられない見通しとなってきた。 となれば、五月十四日から四日連続で入っている推奨販売の仕事もキャンセル? んもうーっ。 四月二十五日からの緊急事態宣言発令で、五月九日までの仕事が急遽キャンセ…

落ち込んでいる時も、めげずに、することをする。

(注)四月二十五日に書いた記事。 緊急事態宣言により四月の残りの現場と、五月にいただいていた全ての現場、計五日分の仕事がキャンセルになったことは述べた。さらに、それと入れ替わる形で別の派遣会社からサンプリングの仕事が入って来たけれど、担当商品…

仕事キャンセルの後、他社から別の仕事が入ってきたが、、、。

緊急事態宣言で5月に予定されていた仕事がすべてキャンセル。 経済的な痛手もあり、すっかりしょげていたら、まるで入れ替わったかのように、他社から仕事が入ってきた。 個々にあてた依頼ではない。派遣会社に登録しているメンバー全員に一斉にメールを流し…

法律は弱者のためにあるものではない。

(注)昨日に書いた記事。 ちょっと、ちょっと、ちょっと! 土曜日の夜に派遣会社よりメールが来て、日曜日の仕事が急遽キャンセル。 これは直前キャンセルゆえ、相応の補償はあるとのことだが、、、。 この後も、こことは別の派遣会社にもらっていた、月末か…

緊急事態宣言〜混乱のあまり活字かまとまらない

昨日の仕事が終わった後、派遣会社よりメール。 緊急事態宣言が出て、推奨販売すらキャンセルになったそうな。 四月は八日仕事が入っていたのに、、、。 一日中イライラ。 何も出来なかった。 経済的な痛手に対する不満もさることながら、コロナ対策へのオカ…

試食文化はなくならない。

(注)4月17日に書いた記事。 二ヶ月ぶりの推奨販売が終わった。 想像以上に快適。試食なしのデモンストレーションでも、お客様と直に接するのは、やはり楽しいものだ。 店に来ていたデモンストレーターは、私を含めて三人だけ。通常の、すなわち、コロナ以前…

人にきれいにしてもらうのは気持ちいい〜物事がうまくいきそうな気がしてくる。

(注)4月16日に書いた記事。 四ヶ月ぶりに美容院に行ってきた。 本当は三月二十日前後に予約を入れていたからその日に行くつもりだったのに、予約を入れたその夜、浴室で滑って転倒して作ったこぶから内出血し、左眼付近がお岩さん化した結果、今日になったの…

コロナ禍の現在、ほんの少しの差異からスケープゴートになる可能性が。

(注)4月15日に書いた記事。 娘の育児支援のため、またも大阪に向かっていた、今日。コロナ変異ウィルスが猛威を振るい、感染者激増している中での大阪行き。明後日から4月は8日仕事を請け負っている身。大丈夫なのか、と危惧しつつの行動。 それにしても、コ…

ジワジワ太りは痩せにくい。

(注)4月14日に書いた記事。 昨日の記事で、 「50キロになってしまった体重。まずはマイナス2キロを目指す」 と書いた。 これがどんなに難しいか、自分なりにわかっているつもり。 なぜなら、18歳になって一人暮らしを始めた時は9ヶ月で9キロ目方が増えたが、…

ステイホームで体重増。まずはマイナス2キロから。

(注)4月13日に書いた記事。 最近、どうも膝の調子がおかしい。 夫から 「太ったんが原因とちゃうか。この前も、買い物帰りの姿を見て、どこの誰かと思った」 と指摘されたこともあり、体重計に乗ってみたら、あらあら「50」と出た。 50? 50キロのこと? 身…

物事は準備から〜準備をおろそかにすると結果は出ない。

(注)4月12日に書いた記事。 ズボラしちゃダメだな。何に?物事の準備に、ですよ。 どうしてもタケノコが食べたくなり、近所のスーパーで「朝採り」と、カラフルなポップで高らかにうたっているのを二本、買ってきた、、、高かったけれど。 ご存知の通り、タ…

料理も書くことも理科の実験〜非日常だから楽しい。

(注)4月11日に書いた記事。 昨年の後半からしばしば話題にしている、我がフィクション。今年1月いっぱいで荒書きが完成したので、本書き(限りなく本書きに近い本書き)をしていっているのだけど、まあ、言葉を選んでいく作業はアタマを使うもんだねえ、、、と…

ばあば、また来てねと手を振ってくれた孫たちに疲れも吹き飛んだ。

(注)4月10日に書いた記事。 その昔は私もワーキングマザーで、1985年生まれの娘が乳児の頃より朝は慌ただしく保育所に送っていっていたから、令和になって3人のばあばとなった現在、娘一家のてんてこまいぶりはわかる。 この春から保育園に通うこととなった…

野菜ジュースの偉大さ〜理想と現実の乖離

(注)4月9日に書いた記事。 今朝、娘婿は昨夜から職場に泊まりがけで不在。娘も早朝6時半で家を出たため、ばあばの私が1人で3人の孫に食事を食べさせ、着替えをさせ、歯磨きその他を仕上げ、それぞれ学校と幼稚園、そして保育園に送り出した。 朝食メニューは…

家事能力ゼロのリタイア夫を持っていたら育児支援も出来ない。

(注)4月8日に書いた記事。 娘の夫のお父さんが亡くなり、それでなくても何かと慌ただしい中、通夜と葬儀。 小学校二年生を頭に3人の子を抱えた身で、今春から小学校四年生の担任をすることになった娘は、きりきりまい。 どうにもならず、片道二時間かかる町…

確定申告〜納税額に仰天!

(注)4月8日に書いた記事。 昨日、確定申告に。 時に税務署員の助けを借りながら手続きをすませたところで、弾き出された納税額を見て仰天! ざっと、昨年の4倍の額だったのだ。 仕事自体は激減。だからこその持続化給付金だったのだが、これって課税対象なの…

育児はサポートするじいじばあばにも体力が必要

(注)4月2日に書いた記事 ひとまず、今夜、大阪の娘宅から京都の我が家に帰る。 昨日、入園式が終わったあと、担任の先生と面談すべく教室に移動する時も身をよじって泣き叫ぶ孫を抱っこし続けた結果、筋肉痛になってしまったし、腰も爆弾状態。危険を避けよ…

こどもが苦手なのは、単にこどもに慣れていないだけなのかも。

(注)4月1日に書いた記事。 一番下の孫の入園式から帰ってきた。 両親が共にどうしても仕事の都合がつかないため、ばあばの私が代理で出席した保育園の入園式。 式場に入るや、孫は泣き出した。抱っこしても、なだめても、ダメ。標準を上回る体重の持ち主だけ…

子ども目線に、祖父母世代も教えられることがある。

(注)3月31日に書いた記事。 娘宅で真ん中と一番下の3人で留守番。 並の男の子より活発な真ん中の孫。 動きが速く、ヤンチャな一番下の孫。 しかも! 3人目の孫は通常より体重が多く、抱き上げるたび、治り切っていないばあばの腰は悲鳴をあげる。 大丈夫かい…

末の孫。動きが速いっ! ばあばは大丈夫か?

(注)3月30日に書いた記事。 娘宅に来て、最初の日。 ん?ん? 何、この速さは? そう! 今回、メインで面倒をみることになる、3人目の孫の動きに、あらためて仰天! いっときも目が離せない。 上に2人のコブ(?)が控えているならではの、この活発さ? ばあば…

保険料が負担〜還暦までに保険料は支払えておくものだ。

(注)3月30日に書いた記事。 来月から職場復帰をする娘の育児支援をするため、娘宅に向かっている。 京都の我が家から片道二時間。 これから出番が増えることだろう。 このことは2年前から決まっていたので、仕事縮小はコロナ禍があろうとなかろうと、関係な…

シアワセな人になるにはシアワセな体験をたくさんすること

今日から4日間、娘宅に。 この4月より娘が職場復帰するため、娘がワーキングマザーとしてのリズムが掴めるまでの、当面の育児サポートだ。 娘宅に滞在する間、メインはあくまで孫の世話だが、あと、スープを作ってやろうと思う。 キノコたっぷりのクリーミー…

斜視のデモンストレーターに学んだこと。

3月18日の浴室での事故から10日経った。左目上部の骨を浴槽の壁で強打してコブが出来、そこから内出血して腫れ上がった左目は、繰り返すが回復状態に向かっている。 それでも、まだ、こんもりと盛り上がった瞼。その厚ぼったい中に我が左目は埋もれっぱなし…